行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


行政書士とは?

 

行政書士とは、書類作成のプロフェッショナルです。

 

書士業は、行政書士と司法書士とが有名ですね。

 

 

行政書士は、官公署(役所)に提出する書類を作成するのが

 

専門なのに対して、司法書士は、登記関係書類を主に扱います。

 

 

双方、多様な業務を扱いますので、なかなか一言で説明するのが

 

難しい職業となっています。

 

 

行政書士は、「町の法律家」と呼ばれることもあります。

 

官公署に提出する書類には、例えば食堂の営業許可の申請や

 

風俗営業の申請などがあります。

 

 

これらの提出書類については、

 

様々な法律が条件などを決定しています。

 

 

行政書士は、作成権限が与えられている書類について、

 

相談に応じることができますから、

 

これを通して様々な法律「的」な相談をすることになるのです。

 

 

もっとも、法的事項についての相談は弁護士以外が行うことは

 

弁護士法で禁止されています。

 

弁護士以外が行うと非弁行為となって、違法です。

 

 

行政書士や司法書士などは、業務範囲が非常に広範で、

 

非弁行為を始め、他の士業に関する法律で禁止されている

 

行為などを行っているとバッシングされることもあります。

 

 

業務範囲がどのようなものなのかは、行政書士である以上

 

必ず付きまとってくる問題なのですね。

 

 

一般的に行政書士になるには、

 

行政書士試験に合格する必要があります。

 

 

行政書士のバッジは、コスモスの花びらの中に「行」の字が

 

デザインされています。

 


外為どっとコム評判

行政書士とは?

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。