行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


行政書士の参考書と基本書

 

行政書士試験を受験する方が、書店で参考書を求める場合…

 

多くの方は、資格コーナーの行政書士試験コーナーを眺めると思います。

 

多くの予備校などから、行政書士試験向けの参考書が出版されていますね。

 

 

基本的には、予備校に通っている方は、

 

これらの参考書は不要です。

 

予備校でもらえるものを利用しましょう。

 

独学の場合には、1冊でまとまっているものを購入しましょう。

 

 

講義を聞いても理解できない部分が出てきた…

 

独学で参考書を読んでいても、どうしても理解できない…

 

 

このような場合には、実は行政書士向けの本では不十分です。

 

法学コーナーに行って、学者が書いた本を求めましょう。

 

 

大学で教科書に使われるような学者が書いた本のことを、

 

基本書と言います。

 

 

民法総則だけで1冊など、一般に非常に厚いです。

 

厚い本は難しい、と倦厭してしまいがちですね。

 

 

しかし、厚い本の方が、自分で考える要素が少ないのです。

 

自分でイメージしなくても、丁寧に解説してくれているわけです。

 

 

基本的な学習は、予備校が出版している参考書を利用し、

 

分からない部分に関しては、基本書で補充…

 

このようなスタイルがおすすめです。

 

 

注意してほしいのは、基本書だけで勉強していると、

 

確実にオーバースペックな学習となってしまう点です。

 

 

基本書は、司法試験にも対応できるレベルですから、

 

必要な部分と不要な部分を区別して読む必要があります。

 

区別の指標は、予備校の参考書に載っているかどうかです。

 


外為どっとコム評判

行政書士の参考書と基本書

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。