行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


行政書士試験にも使える基本書

 

本サイトでは、予備校が出版している行政書士試験向けの本を

 

参考書と呼び、学者が書いている法学向けの本を基本書と呼んでいます。

 

 

参考書を軸とし、補充として基本書を用いることを薦めています。

 

法学のコーナーに行くと、実に多くの基本書が並んでいて、

 

具体的にどのような基本書がいいのか悩んでしまいますね。

 

そこで、何冊かお勧めの本を紹介しますね。

 

 

憲法

 

 

芦部信喜著の『憲法』(岩波書店)がおすすめです。

 

憲法に関しては、軸をこの本にしてもいいくらいです。

 

参考書の記述の多くは、この本をベースにしてます。

 

 

判例をより詳しく学びたい場合には、

 

大石 眞、大沢 秀介著『判例憲法』(有斐閣)がおすすめです。

 

 

民法

 

 

有斐閣から出版されているエッセンシャル民法シリーズがオススメです。

 

民法入門・総則―エッセンシャル民法〈1〉 (有斐閣ブックス)

 

物権―エッセンシャル民法〈2〉 (有斐閣ブックス)

 

債権 -- エッセンシャル民法3 (有斐閣ブックス)

 

 

潮見佳男著『入門民法(全)』も、

 

一冊で民法全範囲を扱っているコンパクトな本でおススメです。

 

 

行政法

 

 

櫻井敬子・橋本博之著『行政法』がおすすめです。

 

行政法に関しても、この本を軸に勉強してもいいでしょう。

 

 

主要科目以外についての注意

 

 

地方自治法や商法、基礎法学は、範囲が広く出題数が少ないですね。

 

そのため、基本書での学習は基本的には向いていません。

 

これらの科目については、特に参考書を活用すべきでしょう。

 

会社法に関しては、「リーガルクエスト会社法」が理解に役立ちます。

 


外為どっとコム評判

行政書士試験にも使える基本書

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。