行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


行政書士試験の問題集

 

参考書などを読んで知識を入れることをインプットと言い、

 

問題を解いて知識を吐き出すことをアウトプットと言います。

 

 

インプットばかりしていては、試験に合格はできません。

 

資格試験の勉強においては、インプットとアウトプットとは車輪の両輪です。

 

 

まだ理解できていないから問題は解かない、という声をよく耳にします。

 

しかし、問題を解くことで理解が早まります。

 

 

むしろ問題を解かないと、

 

その知識がどのように使われるのか判断できず、

 

一向に頭に入ってこないでしょう。

 

 

問題集には、過去問と予想問題集、そして模試の3種類があります。

 

過去問は必須です。

 

少なくとも5年分は載っているものを購入しましょう。

 

 

過去問は、年度別になっているものよりも、

 

分野別に並び替えてあるものがよいでしょう。

 

この方が、出題傾向などの分析がしやすいです。

 

 

また、左に問題・右に解答となっている形式が

 

分析がしやすくお勧めです。

 

 

過去問を模試のように利用したいという場合には、

 

上記のようなものとは別に1冊購入すると良いでしょう。

 

 

予想問題集に関しては、予備校に通っていれば不要でしょう。

 

独学でも、過去問の方に力を入れるようにしましょう。

 

 

模試は、各予備校が全力をかけて出題予想をした結果です。

 

できる限り多くのものを「見る」ようにすると良いでしょう。

 

時間がない場合には、解かなくても解説を見るだけで十分です。

 


外為どっとコム評判

行政書士試験の問題集

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。