行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


予備校に通学しながら学ぶ勉強方法

 

予備校に通学する場合、勉強の中心は予備校になります。

 

予備校での学習での中核は、もちろん講義ですよね。

 

講義を最大限活用するように勉強を進めていく必要があります。

 

 

まず、講義の前にあらかじめ扱う予定の内容を軽く予習しましょう。

 

予習の段階で100%の理解をする必要はありません。

 

予習で重要なのは、どこが分からないのか、難しいのかを掴むことです。

 

 

これを知ることで、講義の中で集中すべきポイントがわかります。

 

講義中、常に集中するというのは中々難しいものですし、

 

初めて聞く内容より、2度目の内容の方が頭に入ってきやすいです。

 

 

授業中、ノートを取ることに集中してしまう人が多いようですが、

 

講師が話すことのほとんどはテキスト・レジュメに書いてあることですよね?

 

 

すでにレジュメにまとまっているのですから、

 

自分でまとめノートを作る必要はありません。

 

 

ノートは、レジュメに書いてないことに絞って取りましょう。

 

そして、メモより、話を聞いて理解することに力を注ぎましょう。

 

 

予習の段階で理解できず、講義を聞いてもやはり分からない点については、

 

質問をするなどして必ず解決しておく必要があります。

 

 

基本書を利用するのも良いですね。

 

不明点は確実につぶしていく姿勢が大事ですよ。

 

 

復習では、知識の定着に努めましょう。

 

テキストの読み直しや、用語の確認はもちろん、

 

学習した範囲の問題を解くことも大事です。

 


外為どっとコム評判

予備校に通学しながら学ぶ勉強方法

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。