行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


予備校のテキストの活用法

 

予備校に通っていると、レジュメやテキストが配布されますよね。

 

これをどのように使いこなすかが非常に重要です。

 

 

まず最初に、レジュメが配布されたら目次をコピーしましょう。

 

そして、授業中にレジュメと一緒に目次コピーを常に手元に置いておくのです。

 

自宅で学習する際や問題演習の際にも手元に置くようにします。

 

 

このように、目次を常に参照することで、

 

学習の現在地点を常に把握することができます。

 

これにより知識の体系を掴むことができます。

 

 

予備校の講義では、過去問の解説などにはあまり力を入れないでしょう。

 

もちろん、テキストには、ここが出題されたと記載してあるはずです。

 

 

しかし、実際に自分で過去問を準備して、

 

テキストと照らし合わせて確認していくようにしましょう。

 

これで、どの知識がどのような形で問われているのか、という

 

「実際」を知ることができます。

 

 

レジュメやテキストは、情報が集約されているはずです。

 

問題演習や、講義などでレジュメ等に書いてないことを学んだ場合、

 

必ずレジュメに書き加えるようにしましょう。

 

こうすることで、情報を一元化でき、知識を整理できます。

 

 

目次の重視・過去問との照合・情報の一元化の3つが

 

予備校テキストを活用するコツです。

 

 

自分で手を加えていくことによって、

 

オリジナルのテキストに改良していくのが、

 

テキスト活用の醍醐味ですよ。

 


外為どっとコム評判

予備校のテキストの活用法

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。