行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


予備校以外の時間の活用法

 

予備校の中でだけ勉強すれば合格できるか…

 

と言われると、それは非常に厳しいと言わざるを得ません。

 

 

コースにもよるでしょうが、講義が60回あるとして、

 

半年かけて学習するなら、月に10回、週に2回程度しか

 

学習の機会がないということになってしまいます。

 

 

週に6時間の学習、半年間では合格は難しいでしょう。

 

1日少なくとも2時間は確保したいところです。

 

 

仕事・やらねばならないことがある、という場合には、

 

どうにかして勉強時間を捻出することができないか、

 

自分のライフスタイルを見直していく必要があります。

 

 

例えば、(行儀が悪いですが)食事の最中にも

 

用語を覚えることはできますし、

 

トイレで5分間もあれば、問題を1問解けます。

 

 

目次のコピーをトイレに貼っておくというのも良いでしょう。

 

電車の中でも、テキストを読むことができますね。

 

このように、細切れの時間を活用して勉強していく必要があります。

 

 

法学の勉強は、毎日少しずつ長年やるより、

 

少しでも1日当たりの勉強時間を増やす方が伸びると言われています。

 

 

また、隙間の時間を工夫して勉強した場合、

 

知識の入ってきかた、記憶の残り方がまったく違います。

 

忙しいからこそ、予備校以外の時間を活用する工夫を凝らすようにしましょう。

 

 

予備校に通っている場合には、

 

講義で学ぶ内容は皆同じなのですから、

 

予備校以外の時間をどう過ごすかで合否が決まる、

 

といっても過言ではないでしょう。

 


外為どっとコム評判

予備校以外の時間の活用法

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。