行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


その他の法律系資格

 

行政書士試験を起点として、その他の法律系の資格に

 

チャレンジしていこうと考えている人は多いのではないでしょうか。

 

 

以前から、法学部生が受験する資格試験の代表が、行政書士試験でした。

 

近年では、司法試験受験を目指す法科大学院生も

 

腕試し・保険として行政書士試験を受験しているようです。

 

 

法学を学んだことがなかった人でも、

 

せっかく受験を通して身に着けた法学の知識、

 

さらに上の資格に活用してみたいと考えるのは当然ですね。

 

 

行政書士試験以外の法律系資格・試験には、

 

司法書士・社会保険労務士・法学検定・法科大学院入試などがあります。

 

 

司法書士は、行政書士と共に書士業に分類される職業です。

 

受験資格に制限はありません。

 

 

民法は民事訴訟法・会社法などの民事系の科目、

 

不動産登記法・会社登記法などの登記系科目、

 

憲法や刑法などの法学科目が出題されます。

 

行政書士試験の発展として勉強するには最適でしょう。

 

 

社会保険労務士試験には、受験資格に制限があります。

 

しかし、行政書士試験に合格していると受験することができます。

 

 

ただし、労働系・社会保障系など行政書士試験の科目と

 

重なっている科目が一切ありません。

 

 

法学検定は、法学の知識を持っていることを証明するための検定の一つです。

 

中でも、既修者検定は法科大学院の入試の判断材料ともなります。

 

 

法科大学院の入試には、法学系の試験が課されます。

 

ただし、論述式で出題されることが多いので、

 

かなりの勉強が必要です。

 


外為どっとコム評判

その他の法律系資格

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。