行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


通学と通信教育の特徴

 

予備校を利用しようという場合に、通学にするか通信教育にするか

 

悩む人もいるかもしれませんね。

 

 

行政書士試験の予備校は、都市部に集中しています。

 

地方でも、県庁所在地などにはある場合があります。

 

 

このため、近くに予備校がないという状況にある人は

 

結構多いのではないでしょうか。

 

 

講義だけでも60回ほどあるので、

 

かなりの頻度で通う必要がありますが、

 

長距離を通うのは難しいですよね。

 

 

このような場合には、通学より通信教育を選ぶべきでしょう。

 

大手予備校の場合には、通学生に提供している講義と

 

同じ講義を在宅で受けることができます。

 

 

質問などのフォローアップ制度も充実しているところが多いので、

 

あまり心配はいりませんね。

 

もちろん、答練だけは通学するということもできるようです。

 

 

もっとも、通信教育だと授業を聞き始めるには

 

自分のモチベーションが必要です。

 

通学だと、通いさえすれば授業は聞かざるを得ませんよね。

 

 

また、通学する場合には自習室などの学習環境が

 

提供されることもあります。

 

自宅では勉強に集中できないという場合にも通学はいいですね。

 

 

料金体系は、通学と通信教育とでは大差ない状況のようです。

 

場合によっては、通学の方が通信教育より高い場合もあるようです。

 

 

予備校が近くにない、通う時間が確保できないという場合には、

 

通信教育を、モチベーションの維持に自信がない、

 

学習環境を提供してほしいという場合には通学を選びましょう。

 


外為どっとコム評判

通学と通信教育の特徴

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。