行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


行政書士の収入

 

行政書士の収入はいくら?

 

行政書士試験合格を目指そうとしている人にとって、

 

行政書士の収入は非常に大きな関心事ですよね。

 

 

一部のホームページなどでは平均年収は600万円以上だ、

 

とも言われていますが、根拠が明らかではありません。

 

 

司法書士や社会保険労務士など、行政書士よりも

 

試験が難しい職業が500〜600万円程度しか

 

稼がないことからすると、この数字は怪しいですね。

 

 

一般的には、行政書士の平均年収は

 

300万円と言われています。

 

思ったより低いですね。

 

 

しかし、司法書士の平均年収が500万円前後、

 

弁護士の平均年収が600〜800万円前後と言われているのと

 

比較すると納得できる数字なのではないでしょうか。

 

 

といっても、以上の数字はあくまでも平均値です。

 

行政書士の多くは開業します。

 

 

そして、独立開業したら、完全なる競争世界です。

 

人脈や営業スキルがある人は、とことん稼いでいます。

 

 

法学についての知識以上に、人脈・経営力・コネなどが

 

求められるのが開業職なのですね。

 

 

また、行政書士は他の士業と組み合わされていることが多いようです。

 

社会保険労務士や土地家屋調査士など、

 

数多くの資格と組み合わせることが可能です。

 

業務範囲が広いからこそできることなのかもしれませんね。

 

 

逆に、専門分野を絞ることで、

 

多くの稼ぎを生み出している行政書士もいるようです。

 

行政書士として生きていくためには、工夫が必要なのですね。

 


外為どっとコム評判

行政書士の収入

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。