行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


初学者向けか中上級者向けか

 

予備校のコースは大きく分けると、

 

初学者向けと中上級者向けのコースの二つがあります。

 

 

行政書士試験を受けようとする多くの人は、

 

法学を勉強したことがないという人でしょうね。

 

そのような方は、初学者向けのコースを選びましょう。

 

 

初学者向けのコースは、多くの予備校で

 

標準的なコースとして設けられています。

 

 

初学者向けコースは、インプットに重点を置き、

 

講義で全範囲を丁寧に解説するのがメインとなります。

 

問題演習も適宜入るので、演習不足になる心配はありませんよ。

 

 

中上級者向けコースは、アウトプットに重点を置きます。

 

もちろん、インプットも行いますが、

 

ゼロから丁寧に教えるというわけではないです。

 

 

中上級者向けコースは、初学者向けコースを一度受講したことがある人や、

 

法学部・法科大学院の方など法学の勉強経験がある人、

 

市販の参考書を一度自分で読んだ人などに適しています。

 

 

点数を確実に取れるような、実践的な授業を心がけていますので、

 

成績の向上には結びつきやすいと思われます。

 

 

中上級者向けコースは、名称から難しいと思われがちですが、

 

扱う内容自体は行政書士試験の範囲内ですし、

 

問題演習のレベルも初学者向けとあまり変わりません。

 

 

初学者向けコースか、中上級者向けコースか、という

 

選択肢は結局のところ演習の分量の違いに集約されるのかもしれません。

 


外為どっとコム評判

初学者向けか中上級者向けか

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。