行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


LECの中上級者向け講座の内容

 

中上級者向け講座は、

 

受験経験や法学の学習経験がある方に向けた講座です。

 

 

LECは、中上級完全合格コースと、

 

中上級コンパクトコースの2つを設けています。

 

 

完全コース:全50回

 

 

行政書士試験合格のためには…

 

絶対落とせないような問題を

 

確実に得点できるようにすることが大事ですね。

 

このコースは、落とせない問題を解きつつ講義を進めます。

 

 

・全38回のハイブリッド合格講座

 

・全4回の記述式パワーアップ講座

 

・全4回の範囲指定総合答練

 

・全4回の公開模試

 

上記からなっているコースです。

 

 

コンパクトコース:全46回

 

 

コンパクトコースは、

 

完全コースから範囲指定総合答練を除いたコースです。

 

 

単科講座

 

 

LECの各種コースは、単科講座を組み合わせたものとなっています。

 

単科講座を自分で選んで単体で受講することも可能です。

 

 

中上級者向けコースの核となるのはハイブリッド講座です。

 

本試験で落としてはいけないとされる「必達問」と、

 

出題可能性が高いとLECが予測した予想問題を解きながら

 

講義を進めていく講座です。

 

 

インプットとアウトプットを双方交えつつ講義を進めるから

 

ハイブリッドなのですね。

 

 

ハイブリッド講義は、法令科目・一般知識科目の

 

全範囲を扱う講義ですが、科目ごとに受講することも可能です。

 

 

記述力パワーアップ講座もアウトプットとインプットを平行して扱う講義です。

 

これは全4回しかないので、科目ごとの受講はできません。

 

 

LEC中上級者向け講座のさらに詳しい情報はコチラ!

 


外為どっとコム評判

LECの中上級者向け講座の内容

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。