行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


TACの講座内容

 

TAC(タック)には、大きく分けて合格を目指す合格講座と、

 

合格後の開業に向けての入門実務講座との二つの講座があります。

 

 

合格講座には、入門総合本科生・総合本科生・上級本科生の

 

3つのコースが設けられています。

 

入門総合本科生は、10月から丸一年をかけて学習します。

 

 

・全6回の入門講義

 

・法令科目全43回、一般知識全9回の基本講義とミニテスト

 

・全5回の科目別答練

 

・全4回の総合答練

 

・全1回の公開模試

 

・全4回の直前答練

 

以上の全71回からなっているコースです。

 

 

法学を初めて学習するという方や、

 

時間をかけてじっくり確実に合格したいという方にオススメです。

 

 

総合本科生は、上記のコースから入門講義を除いた

 

全65回からなっています。

 

 

入門コースは期間が長すぎる…、入門知識はわかっている

 

という方にオススメです。

 

 

上級本科生は、受験経験者や

 

法学の学習をしたことがある方にオススメのコースです。

 

上級者専門のテキストと問題を利用します。

 

 

・全35回の上級講義

 

・全10回の上級演習答練

 

・総合答練、公開模試、直前模試

 

以上の全53回からなっています。

 

 

上級講義で使用する上級テキストは、

 

TACのオリジナルとなっており、市販されていません。

 

 

過去問で実際にどのように出題されたのか…

 

条文の趣旨がどのようになっているのか…

 

など本試験を意識した作りになっています。

 

 

民法などは事例形式で説明しており、

 

本試験の形式に慣れることが可能です。

 

 

TACの資料請求はコチラ!

 


外為どっとコム評判

TACの講座内容

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。