行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


行政書士になるには?

 

行政書士になることのできる資格は、

 

行政書士法2条に規定してあります。

 

 

まずは、行政書士試験に合格した者です。

 

本サイトをご覧になっている人の多くは、

 

このルートを目指していくわけですね。

 

 

他にも、行政書士となることのできる資格はあります。

 

弁護士や公認会計士、税理士、弁理士となる資格を有する者は、

 

行政書士となることができます。

 

 

行政書士試験は、法学系資格の入門的資格と言われていますが、

 

難しいとされているこれらの士業の資格を有する人は、

 

行政書士になる資格も有しているのです。

 

 

他にも、ある期間以上、公務員として特定の業務に従事した者も

 

行政書士となることのできる資格を与えられます。

 

 

特定の業務とは、行政事務に相当する事務です。

 

行政事務とは、行政・立法・司法に関する事務も含まれますが、

 

単なる労務や事務の補助などは含まれません。

 

ある程度責任のある地位で働いていたことが要求されます。

 

 

ここで大事なことは、行政書士となることのできる資格を

 

有するからと言って、当然に行政書士と名乗ることが

 

できるわけではないということです。

 

 

行政書士と名乗るためには、なることのできる資格を取得し、

 

さらに行政書士として登録する必要があります。

 

 

行政書士会の会員となって、会費を払う必要があります。

 

このため、行政書士試験に合格した人のうち、

 

一定割合は行政書士とならないようです。

 


外為どっとコム評判

行政書士になるには?

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。