行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


試験範囲が広すぎて覚えることができません・・・

 

行政書士試験の範囲は広大ですね。

 

法学系の資格の中では入門的な資格だ、と言っても

 

範囲が広いのは事実です。

 

 

民法だけでも1000条以上の条文がありますし、

 

市販されている一冊の参考書などでも

 

1000ページ近く分量がありますよね。

 

 

これを全部覚えようとしているなら、一生合格できません。

 

法学の勉強をしていると、よく六法を全部暗記するんでしょ?

 

と質問されることがあります。

 

そんなことはありません。

 

 

超難関と言われる司法試験を突破した弁護士や裁判官でも

 

六法を暗記している人はいません。

 

六法を片手に条文を見ながら仕事をしているのですから。

 

 

彼らは、条文の読み方を知り尽くしているのです。

 

ですから、見たことのない法律でも、

 

条文を引いて理解することができるのです。

 

法学とは、こういうことができるようになるための学問です。

 

 

法学をマスターするための基本は、仕組みを理解することです。

 

例えば、民法だったらパンデクテン体系で並んでいますよね。

 

物権と債権それぞれの違いがあります。

 

このように大きな目で仕組みを理解していくことが大事です。

 

 

もちろん、基本的な概念、例えば生存権や物権などは

 

ある程度覚えてなくてはなりません。

 

 

しかし、理解すべきことを理解しているなら、

 

覚えなければならない項目は自然と身についてきます。

 

 

覚えよう覚えよう、という姿勢ではなく、

 

まずは理解するという姿勢を貫くと、合格が近づいてきますよ。

 


外為どっとコム評判

試験範囲が広すぎて覚えることができません・・・

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。