行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


合格したのですが、資格の使い道がわかりません・・・

 

意外とこういう質問が多く寄せられます。

 

「行政書士試験合格」という資格はどういう風に活用できるのでしょうか。

 

以下、説明していこうと思います。

 

 

(1)行政書士になって開業する

 

 

これが基本ですよね。

 

行政書士試験は、行政書士になるための資格を得るための試験です。

 

 

もっとも行政書士試験に合格したからと言って、

 

それだけでは行政書士と名乗ることはできません。

 

 

行政書士会の名簿に登録する必要があります。

 

このためには行政書士会に登録しなければなりません。

 

会費が発生しますので、事前に資金を準備しておきましょう。

 

 

(2)合格資格を利用して、他の資格試験を受ける

 

 

社会保険労務士の資格が、このカテゴリで有名です。

 

社会保険労務士試験を受験するには、本来大卒の資格が必要です。

 

 

しかし、行政書士試験に合格していると受験資格が与えられます。

 

行政書士試験の受験資格はありませんから、

 

行政書士試験を介することで、

 

中卒でも社会保険労務士になることができるのです。

 

 

社会保険労務士は、年金と雇用のスペシャリスト。

 

行政書士の資格との相性も抜群でおすすめですよ。

 

 

(3)知識を活用して、より上の資格試験を受ける

 

 

行政書士試験に合格できる程度の知識があれば、

 

法学の知識がある程度身についているはずです。

 

 

この知識を利用して、法学検定や法科大学院の入試、

 

司法書士などのより上級の資格取得を目指していくのもアリです。

 


外為どっとコム評判

合格したのですが、資格の使い道がわかりません・・・

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。