行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


行政書士試験の概要

 

行政書士試験に合格すると、

 

行政書士となることのできる資格を得ることができます。

 

この資格を取得したうえで、登録をすると行政書士となれます。

 

 

行政書士試験は、11月の第2日曜日に実施されます。

 

年に1回しかない試験ですから、落ちてしまうと

 

また翌年となってしまいます。

 

 

受験資格に特に制限はありません。

 

年齢や学歴、性別などに関係なく受験することができます。

 

もっとも未成年は登録ができません。

 

 

受験会場は、全国47都道府県に設けられます。

 

 

試験科目には、法律科目と一般知識科目の二つがあります。

 

法令科目は、憲法・民法・行政法・商法・基礎法学があります。

 

 

一般知識科目は、政治経済社会・情報通信、個人情報保護

 

文章理解の3分野からなります。

 

 

行政書士試験は、上位○%に入らないと合格できない、という

 

相対評価式ではなく、合格基準を満たすと合格できる

 

絶対評価式となっています。

 

 

合格基準は、全体で60%の得点を取り、なおかつ、

 

法令科目50%、一般知識40%の足切ラインを切らないことです。

 

 

試験の形式は、マークシートで解答する択一式と、

 

40字程度で記述する記述式となっています。

 

 

記述式は、近年導入された形式です。

 

これの導入に伴い難易度が上がったと言われています。

 

配点も1問20点の3問出題と非常に大きく、

 

合否を分ける要素となっています。

 

 

試験に関する詳細な情報は、

 

財団法人行政書士試験研究センター

 

ホームページなどを参照してくださいね。

 


外為どっとコム評判

行政書士試験の概要

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。