行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


管理人のプロフィール

行政書士試験,専門学校,予備校,スクール,通信講座,通信教育,年収,難易度,求人,独学,過去問

こんにちは。

 

「行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方」

 

サイト管理人のタカシと申します。

 

 

2006年、当時サラリーマンをしていた私は、

 

何か独立開業して働くことができる資格を

 

取得できないかと思い様々な資格について調べました。

 

 

多くの資格は、実用的でなかったり、

 

受験資格に厳しい制限があったりして、

 

私が求めるような資格ではありませんでした。

 

 

そのような中、受験資格に制限がなく、

 

独立開業できる資格である行政書士がいいのではないかと思い、

 

行政書士試験の受験を決意しました。

 

 

しかし、法学など中学生の公民の授業で

 

日本国憲法を簡単に勉強しただけです。

 

全くの法学初学者だったわけです。

 

 

どのように勉強すれば合格できるのか全く分からず、

 

とりあえず近くの大きな書店の資格コーナーで、

 

情報を収集しようとしました。

 

 

偶然にも、予備校のパンフレットが複数その書店に置いてあり、

 

予備校の存在を知ることができました。

 

 

何社かのパンフレットを読み比べていくうちに、

 

合格のためにどのように学習を進めていけばいいのか

 

おぼろげながらつかめました。

 

 

そして、予備校に通い合格に至るわけですが、

 

それまでの間、どのように学習すべきか悩み続けました。

 

 

この時悩んだ成果が、このホームページに書いてあることに

 

反映されているわけです。

 

 

かつて受験生であった私が悩んだ事柄ですから、

 

きっとこれから受験しようとするあなたの役にも立てるはずです!

 

 

私が通っていた予備校はコチラ!



外為どっとコム評判

管理人のプロフィール

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。