行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


法学の独自性

 

行政書士試験のメインは、法学科目です。

 

法学は、独特な学問だと言われています。

 

思考法が変わっているのです。

 

 

法学の独自性を知ることが合格への近道だと言えるでしょう。

 

法学の独自性は、用語と思考法に現れます。

 

 

法学用語は、日本語であって日本語じゃないとよく言われます。

 

善意・第三者という民法上でよく出てくる用語を例にとると

 

分かりやすいですね。

 

 

法学の理解を深めるためには、まず用語を叩き込む必要があります。

 

慣れるまでは苦痛ですが、用語が頭に入ったら

 

理解がグングン進んできます。

 

外国語の勉強だと思って勉強しましょう。

 

 

法律用語の勉強に際しては、法学辞典が有益です。

 

少し高いですが、手元に置いておいて損はありません。

 

英語の学習のように、用語が出てくるたびに引くようにしましょう。

 

 

法学の思考法は、二つ以上の衝突する利益を調整する、という思考です。

 

合理的かどうか、というような経済学的な思考ではなく、

 

調整し妥協していくわけです。

 

 

憲法では、国家側の主張する公共の利益と、国民の人権が、

 

民法では、真の権利者の権利と取引の信用とが対立利益となります。

 

 

各条文や判例は、これらの対立利益それぞれを比較し、

 

調整した結果を述べているわけです。

 

 

これを念頭に条文・判例を読んでいくようにすると、

 

全体的な仕組みが把握でき、理解が深まります。

 

 

なお、レジュメや参考書ばかり読んでしまいがちですが、

 

法学は条文あってのものです。

 

必ず生の条文にあたるようにしましょう。

 


外為どっとコム評判

法学の独自性

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。