行政書士の資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方

多くの人が間違った方法で行政書士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう行政書士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


資格試験全般に共通する勉強法

 

行政書士試験は、法学知識が大きく要求される試験です。

 

法学には独自性がありますが、それでも資格試験です。

 

資格試験には、分野を問わず勉強のコツがあると言われています。

 

 

応用知識より、基礎知識が大事だという点、

 

過去問が何より大事だという点、

 

暗記より理解が大事だという点、の3点が代表的なものでしょう。

 

 

勉強が進んで来れば来るほど、

 

応用的な知識に飛びつきたくなってきます。

 

 

しかし、基礎がなってないと、応用は意味をなしません。

 

応用知識より、基礎知識の方が出題の比重も高いです。

 

何よりも、基礎を大事にせよ、ということです。

 

 

過去問に関しては、解いてしまうともったいないので、

 

直前までとっておくという声を時々耳にします。

 

 

しかし、過去問は、勉強指針の大きなヒントになります。

 

過去問を5年分ほど見てみると、試験の傾向がわかってきます。

 

 

予備校が分析してくれているのを見るより、

 

自分で見る方が具体的につかむことができます。

 

 

また、過去問に繰り返し出題されている項目は

 

基礎知識・重要知識だということです。

 

勉強の指針になりますよね。

 

 

暗記試験だと思って勉強すると、

 

行政書士試験は超難関となってしまいます。

 

民法の条文だけでも1000条以上あるのですから…

 

 

もちろん、暗記も最終的には必要です。

 

しかし、理解を深めていくと暗記しなくてはならない項目は、

 

ごくわずかな部分に限定されてきます。

 

理解することを何よりも重視するようにしましょう。

 


外為どっとコム評判

資格試験全般に共通する勉強法

行政書士試験に合格するために、高い授業料を払って資格専門学校に通っても、一発で合格出来なかったら意味がないと思いませんか?予備校やスクールに通っただけでは合格は出来ません。正しい使い方を知る必要があります。当サイトでは、最短で合格できるための資格専門学校・予備校・スクールの正しい使い方を紹介しています。